積極的に最新設備機器を導入し、あらゆる金属加工ニーズに応えます。

 

マサシックスの技術の集積地。多面加工・自由曲面加工を実現する同時5軸マシニングセンタなどの

最新加工機から、職人技が活きる汎用機、CAD/CAM、検査設備までを揃え、

金属切削加工のオールラウンドプレイヤーを目指しています。

南通工場製品の仕上げ加工、出荷前の全数検査と性能試験の品質保証も行っています。

 

設備機器一覧
 汎用機
台数
 自動機
台数
 汎用旋盤
2台
 マシニングセンタ(縦・横)
3台
 汎用フライス(縦)
4台
 マシニングセンタ(縦・高速)
3台
 汎用フライス(横)
1台
 マシニングセンタ(横・高速)
1台
 ラジアルボール盤
2台
 マシニングセンタ(縦)リニア
1台
 形削盤
2台
 ロボドリル
5台
 平面研削盤
4台
 タッピングセンタ
2台
 円筒研削盤
1台
 ワイヤーカット
2台
 万能研削盤
2台
 ワイヤーソー
1台
 ジグ中グリ盤
2台
 型彫り放電
1台
 ジグ研削盤
1台
 3次元測定器
2台
 
 形状測定器
1台
 
 測定顕微鏡
1台

 

 

設備機器一覧
 汎用旋盤
2台
 汎用フライス
1台
 ボール盤
1台
 センターレス研削
1台
 NCフライス盤
1台
 NC旋盤
4台
 複合旋盤
1台
 マシニングセンタ(縦)
1台

油圧ショベル、クレーンなどの建設機器の
油圧シリンダに使われるブッシュ、ピンを製造。

 

製造課と営業課、従業員数名の少数精鋭体制で、油圧シリンダに使われるブッシュ、ピンを専門的に受注・製造。南通工場製品の仕上げ加工、出荷前の全数検査と性能試験の品質保証も行っています。

 

建機用ブッシュ、ピン製造のコストダウンを目指し、
マサシックス100%出資の海外工場第一陣。
2001年より稼働中です。

 

「南通夢和機械有限公司(通称:南通工場)」は、2001年6月に中国江蘇省南通市の「経済技術開発区」に設立されました。茨城工場における建機用ブッシュ、ピン製造の更なるコストダウンを第一目標にしたマサシックス初の海外工場です。他製品のコストダウンにも貢献できるよう、春日井工場等との連携を深めています。また、デンソーの協力会社竜製作所ともタイアップし、専用機の設計制作も手掛けています。

 


 

■中華人民共和国江蘇省南通市

南通市(なんつうし)は中国江蘇省南部に位置する中国有数の工業都市です。北東は黄海を望み、南は長江に接し、長江下流対岸には中国最大の産業都市、上海があります。長く交通の要衝として、主に港湾業、繊維産業等が発達していましたが、中国政府の外向型経済活性化、輸出拡大、先進技術導入を標榜する開放政策のもと、「経済技術開発区」が設けられ、近年は合成樹脂・化学・造船・水産・食品加工・半導体など産業が飛躍的に発展。外資総額の日系資本比率は50%を超え、日本との関わりは年々深まっています。南通市は上海経済圏の中において日本との経済関係が最も深い都市のひとつと言えるでしょう。

設備機器一覧
 汎用旋盤
4台
 汎用フライス
1台
 ラジアルボール盤
1台


 ●設 立 平成13年6月
 ●資本金 19万米ドル
 ●総経理 米山政志
 ●副総経理 李 雲峰
 ●従業員数 12名(07年度)
 ●事業内容 建機部品、
専用機部品、
型部品
 ●売上高 17万米ドル



 

 

 

マサシックスの海外拠点第二陣。
自動車産業の盛んな天津に進出、
2003年より稼働中です。

 

「南通夢和機械有限公司(天津事務所)」は、マサシックスの海外拠点第二陣として、

2003年9月に中国天津市の「天津経済技術開発区」に設立されました。

国内工場と連携し、天津内の日系企業より受注をすべく営業活動を進めています。

 


 

■中華人民共和国天津市

北京、上海、重慶と並ぶ中央直轄市(省と同レベルの行政単位の地位)。工業、商業の集積地として、中国北方最大の対外開放港になっている。首都北京からは高速道路と鉄道で2時間ほどの距離。積極的に外国企業誘致するため、天津市の東、約60kmの位置に天津経済技術開発区が設けられ、トヨタ自動車、三洋電機を始め世界の有力企業が相次いで進出し、広大なエリアに広い敷地を持った外資系工場が建ち並ぶ臨海工業地帯となっている。

パイプ曲げ加工動画

 

 

Copyright (C) 2008-2012 株式会社マサシックス. All Rights Reserved.このサイト内に掲載されている、画像・文章の無断転載を禁じます。